演題登録入力フォーム

すべての連絡はご登録いただいた筆頭著者のメールアドレスにお送りいたします。

修正の際に以前登録されたデータを読み込むことは出来ません。
修正を行う場合は、再度以下の「登録画面」から進めてください。 本文を自身のPCに保存することお勧めします。

筆頭著者(発表者)の氏名(日本語表記) 姓(例)吉田       名(例)茂
筆頭著者(発表者)の氏名(ふりがな) 姓(例)よしだ      名(例)しげる
1.筆頭著者(発表者)の所属機関名 制限文字数は全角26文字になります。この字数を超えると登録できません。
筆頭著者の所属機関番号
筆頭著者の所属先住所の郵便番号 (例)1234567
筆頭著者の所属先住所 (例)東京都文京区本郷1-2-3
筆頭著者の所属先の電話番号 (例)03-1234-5678
上記の内線番号
筆頭著者の所属先のFAX番号 (例)03-1234-5678
筆頭著者の電子メールアドレス

著者の所属機関が複数にまたがるときは以下の所属機関名記入欄に記入し、著者記入欄のチェックボックスをチェックしてください。所属機関名2から9の入力方法は1.筆頭著者の所属機関名と同じです。 共著者の氏名の入力の仕方も、筆頭著者の入力欄と同じです。

2.所属機関名(日本語表記)
3.所属機関名(日本語表記)
4.所属機関名(日本語表記)
5.所属機関名(日本語表記)
共演者1
日本語
ふりがな
所属機関番号
共演者2
日本語
ふりがな
所属機関番号
共演者3
日本語
ふりがな
所属機関番号
共演者4
日本語
ふりがな
所属機関番号
共演者5
日本語
ふりがな
所属機関番号
共演者6
日本語
ふりがな
所属機関番号
共演者7
日本語
ふりがな
所属機関番号
共演者8
日本語
ふりがな
所属機関番号
共演者9
日本語
ふりがな
所属機関番号
カテゴリ選択
演題名 (例)硬膜外無痛分娩において麻酔深度不足により突発痛に関連する因子の検討
制限文字数は全角40文字以内になります。  この字数を超えると登録できません。
本文 抄録本文は、まず最初にご自身のワードプロセッサーで作成し、コピー機能を使って下段の抄録本文用枠内にペーストすることをお奨めします。 また、先頭行は1マス空けずに左詰めで記入してください。 ブラウザによって、下の抄録本文の枠が、極端に横長になってしまいます。 本文の作成に不便な場合は本文の途中で適宜改行指定を入れても結構です。 制限文字数は、演題は800文字以内になります。この字数を超えると登録できません。 図表の登録は不可です。
利益相反の開示について

日本産科麻酔学会では学術集会演題発表に際し、演者全員について、発表する研究内容に関連する利益相反の申告(演題登録日を起点とする過去3年度分)が必要です。利益相反状態の有無(以下、1.~10.)をお答えください。

(利益相反自己申告の基準について)

① 医学的研究に関連する企業・法人組織や営利を目的とした団体(以下、「企業・組織や団体」という)の役員、顧問職については、一つの企業・組織や団体からの報酬額が年間 100万円以上とする。

② 株式の保有については、一つの企業についての一年間の株式による利益(配当、売却益の総和)が100万円以上の場合、あるいは当該全株式の5%以上を所有する場合とする。

③ 企業・組織や団体からの知的財産権の対価として受ける使用料、譲渡額等については、当該対象者が受ける1件あたり年間100万円以上とする。

④ 企業・組織や団体から、会議の出席(発表)に対し、拘束した時間・労力に対して支払われた日当(講演料等)については、一つの企業・団体からの年間の講演料等が合計50万円以上とする。

⑤ 企業・組織や団体がパンフレット、座談会記事等の執筆に対して支払った原稿料等については、一つの企業・組織や団体からの年間の原稿料等が合計50万円以上とする。

⑥ 企業・組織や団体が提供する研究費については、医学系研究(治験、受託研究費、共同研究費等)に対して一つの企業・団体から、申告者個人または申告者が所属する部局(講座・分野)あるいは申告者が長となっている部局に割り当てられた総額が年間100 万円以上とする。

⑦ 企業・組織や団体が提供する奨学(奨励)寄附金については、一つの企業・組織や団体から、申告者個人または申告者が所属する部局(講座・分野)あるいは申告者が長となっている部局に割り当てられた総額が年間100万円以上の場合とする。

⑧ 企業・組織や団体が提供する寄附講座に申告者が所属している場合とする。

⑨ 研究と直接無関係な旅行・贈答品等の提供については、一つの企業・組織や団体から受けた総額が年間5万円相当以上とする。

⑩ 企業・組織や団体から共同研究等の契約なく役務の提供を受けた場合とする。

※「年間」とは4月1日から3月31日までとする。また、年度内途中での申告基準額は、上記に規定する年間基準額とする。ただし、申告時以降、追加の活動があり、年間基準額以上となった場合は、日本産科麻酔医学会学術集会事務局まで連絡すること。

利益相反状態の有無

修正の際に以前登録されたデータを読み込むことは出来ません。
修正を行う場合は、再度以下の「登録画面」から進めてください。 本文を自身のPCに保存することお勧めします。